これを見てから投資物件を考えよう!人気設備ランキング

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000008-zuuonline-bus_all

    賃貸物件を選ぶときに、立地や家賃が気になるのは当然ですが、実際にはセキュリティやインターネット無料など、設備の良し悪しが大きなウェイトを占めている場合も少なくありません。

    全国賃貸住宅新聞が毎年発表している人気設備ランキングは、全国の管理・仲介会社238社から寄せられたアンケートの回答を基にしています。人気の設備には、周辺相場より家賃が高くても、この設備があれば入居したいという「魅力的な設備」と、この設備がなければ入居しないという「必要設備」との2種類があります。

    これから投資物件を考えている際には、人気設備も考慮してみてはいかがでしょうか。

    ■周辺相場より高くても入居がきまるのは?

    まずは、単身者向け物件ファミリー向け物件それぞれについて、魅力的な設備のランキングを見てみましょう。なお、ランキング結果には、参考までに前年の順位を括弧書きしています。

    <魅力的な設備ランキング>

    単身者向け物件
    1位(1位) インターネット無料
    2位(2位) エントランスのオートロック
    3位(3位) 浴室換気乾燥機
    4位(4位) ウォークインクローゼット
    5位(5位) ホームセキュリティ
    6位(ランク外) 独立洗面台
    7位(6位) 追い焚き機能
    8位(ランク外) 宅配BOX
    9位(8位) 防犯カメラ
    10位(ランク外) 24時間利用可能ごみ置き場

    ファミリー向け物件
    1位(4位) インターネット無料
    2位(1位) 追い焚き機能
    3位(3位) エントランスのオートロック
    4位(7位) ホームセキュリティ
    5位(2位) システムキッチン
    6位(6位) 浴室換気乾燥機
    7位(5位) ウォークインクローゼット
    8位(9位) 太陽光パネル(入居者個別売電)
    9位(8位) 床暖房
    10位(ランク外) 防犯カメラ

    入居者に最も人気があったのは、単身者向け物件ファミリー向け物件ともにインターネット無料でした。自分で準備するとなると、自分の住まいに付けられるネット回線なのか、工事は必要なのかなど、整えるまでに時間がかかってしまいます。その点でも、すでにインターネット環境が準備されているのは魅力的でしょう。

    ■この設備がないのなら入居しないのは?

    次に、必要設備のランキングを見てみましょう。

    <必要設備ランキング>

    単身者向け物件
    1位(2位) TVモニター付きインターホン
    2位(1位) 独立洗面台
    3位(3位) 洗浄機能付き便座
    4位(5位) インターネット無料
    5位(7位) 備え付け照明
    6位(4位) エントランスのオートロック
    7位(6位) ガスコンロ
    8位(ランク外) ごみボックス
    9位(ランク外) システムキッチン
    10位(10位) BS・CSアンテナ

    ファミリー向け物件
    1位(2位) 独立洗面台
    2位(1位) 追い焚き機能
    3位(3位) TVモニター付きインターホン
    4位(4位) 洗浄機能付き便座
    5位(5位) システムキッチン
    6位(6位) エントランスのオートロック
    7位(7位) ガスコンロ
    8位(ランク外) 備え付け照明
    9位(ランク外) インターネット無料
    10位(ランク外) ごみボックス

    独立洗面台やTVモニター付きインターホンなどが必要設備として上位にランクインしています。上位3位に関しては、単身者向けとファミリー向けで大きな違いはありませんでした。ただ、1位だけで見てみると、単身者向けではやはりセキュリティと言う意味で「TVモニター付きインターホン」が人気のようです。ファミリー向けでは朝夜の身支度で混雑するということもあるのか「独立洗面台」となっています。

    ■家賃をアップするための条件とは?

    地区によって借り手のニーズも異なるため、相応の立地や外観・内装のグレードが要求される場合もありますが、同じような条件の物件なら、家賃の高低を左右するのは設備ということになるでしょう。特に、必要設備を充実させることが大切となります。

    魅力的な設備は、アピールできる点として有効です。10位までにランクインされているような必要設備は、それほど大きな工事を行わずに設置できるので、検討してみてはいかがでしょうか。(提供:不動産投資セミナー)
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント