スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    清水富美加「千眼美子」で宗教活動へ 教団は引退理由に『奴隷契約』

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000026-sanspo-ent

     女優、清水富美加(22)が宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退する意思を固めたことを受け、同団体側が12日、東京都内で経緯を説明した。突然、清水が仕事に穴を空けたと主張する所属事務所側に対し、団体側は「伏線があった。奴隷契約が大きな点だ」などと糾弾。宗教家として活動するため法名・千眼美子せんげん・よしこ)が与えられた清水は、直筆書面で「神のために生きたいと思いました」と心境を明かした。一方、所属事務所側は「事実と違う」と反論した。

     「私、清水富美加は幸福の科学という宗教に出家しました」-。芸能界引退が発覚してから一夜明けた12日、渦中の人気女優が胸中を明かした。

     引退報道を受けて、東京・五反田の幸福の科学総合本部で同団体専務理事・広報担当の里村英一氏(56)と、顧問弁護士で清水の代理人を務める佐藤悠人氏(58)が会見。清水は体調不良で自宅療養中のため欠席したが、11日に記した直筆書面で心境を吐露した。

     引退騒動の発端は先月19日。同団体の大川隆法総裁(60)が清水の守護霊にインタビューした動画が掲載され、事務所側は初めて清水が一家で信者であることを知った。事務所側は、同28日に清水から「仕事を辞めて幸福の科学のために働きたい」と引退の意向を告げられたとし、2月6日以降は仕事を放棄したとしている。

     だが、団体側の会見では里村氏が「出家には大きな伏線があった。ハッキリ言って奴隷契約があった」と反論。デビュー3年後当時は月給5万円だったことや、7月29日公開の出演映画「東京喰種トーキョーグール」で人肉を食べる人種の役柄など、思想信条にそぐわない仕事が増えていたことに不満があったとし、「嫌な仕事の典型が水着のDVD。性的対象になるのが嫌で、拒否したにもかかわらず入れられてしまった」と説明。

     多いときは週1回ほど周囲に「死にたい」と漏らしていたとし、大川総裁の動画が書籍化された「女優・清水富美加の可能性」を読み、帰依の思いが高まったという。

     佐藤弁護士によると、事務所に2月末での契約解除を求めたが、事務所が「決まっている仕事はすべき」としたため、交渉は平行線のまま。里村氏は「事務所の態度を見て清水さんは心身に大きな傷を受けた」と話し、「ドクターストップが掛かった。命の危険がある」と説明。約半年は活動ができない状態になっていると明かした。

     今後の清水の生き方についても言及。「世俗と縁を絶って魂の救済に専属するようになる。宗教家・清水富美加になる」とし、千手千眼観音菩薩に由来する「千眼美子」という法名が与えられたと説明。体調が回復次第、宗教家として法を説く活動をしていくという。

     清水は直筆書面で芸能界から突然姿を消したことを陳謝。約8年の活動を振り返り、「仕事の内容に心が追いつかない部分があり、しっかりとした生活を送れず、毎日がギリギリの状態でした」と、出家理由を告白。

     この日夜に行われた事務所側の反論会見後にはツイッターで「力ある大人の怖い部分を見たら、夢ある若者はニコニコしながら全てに頷くようになる。そんな中ですり減って行く心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった」とつづった。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。