泥仕合になりそうな清水富美加の引退問題

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00000002-reallive-ent

     12日に各スポーツ紙の、女優の清水富美加が宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退する意向を固めたという報道を受け、同日、同教団会見したことを各メディアが報じている。

     報道をまとめると、会見に出席したのは、「幸福の科学」グループの広報担当者と清水の代理人弁護士。清水が今後、宗教家として「千眼美子(せんげん・よしこ)」の法名で活動することを発表したうえで、所属事務所との契約を「奴隷契約」と糾弾。11~12年に出演した「仮面ライダーフォーゼ」の撮影時を例に挙げ「1か月に31日働いても月給5万円。ボーナスも支給されなかった」と主張した。

     さらに、「嫌な仕事、意に沿わない仕事の典型が水着のDVDだった」などと、仕事に対する不満を抱えていたことも暴露。会見では11日につづられたという直筆のメッセージを配布したうえで、同教団のHP上では広報局が「人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心と葛藤のなかに置かれていました」と引退に至った経緯を説明した。

     これに対して、所属事務所レプロエンタテインメント」の顧問弁護士が同日、東京都内で会見を行い、「大変、遺憾。多く事実と違うところが含まれていると考えている」などと反論。事務所側は撮影中の映画や出演作のキャンペーンなど、決定している仕事を履行することを希望しているが、団体側は拒否。清水がこのまま引退し、団体側が損害賠償に応じない場合は、泥沼の法廷闘争になる可能性もあることを示唆した。

     「教団側はとにかく金はあるが、事務所側の理不尽な契約をタテに、一切合切の支払いを拒否していると思われる。そうなると、法廷闘争に突入することになるが、事務所にとって不都合な真実が続々と暴露されることになりそう。ただでさえ、能年玲奈から改名したのんとの独立問題が解決していないため、世間の事務所に対するイメージは悪化する一方」(芸能プロ関係者)

     清水は11日に新しく開設したツイッターを12日に更新。「力ある大人の怖い部分を見たら夢ある若者はニコニコしながら全てに頷くようになる。そんな中ですり減って行く心を守ってくれようとしたのは事務所じゃなかった」と本音を暴露。わずか3件の書き込みしかないにもかかわらず、フォロワーはすでに24万人を超えているだけに、今後も衝撃的な事実の暴露が続きそうだ。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント