スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    茨城・神栖で発砲2人死傷 「まさかこんな近くで…」 拳銃持ち逃走、一時騒然

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000021-san-l08

     神栖市砂山の廃棄物処理業「鹿島信販」で15日朝、男性従業員2人が拳銃で撃たれた事件は、自殺した同社従業員冨田善広容疑者(65)=同市神栖=が拳銃を持ったまま逃走し、工業団地の一角にある現場周辺は一時騒然となった。(鴨川一也)

     現場周囲には運送会社の倉庫やリサイクル会社の工場などが立ち並ぶ。現場から50メートルほど離れた道路で水道工事をしていた30代の男性は「パトカーや救急車の数が多くて何事かと思った。まさかこんな近くで発砲事件があるなんて」と驚いた様子だった。

     近くの運送会社で働く50代の男性社員は「(鹿島信販の従業員から)『拳銃を持った犯人が逃げている』と聞いて、慌てて自分の会社を見回った。車庫や倉庫など隠れられそうな場所があるので…」と不安げな表情で話した。通学路として現場近くを通っていた県立波崎柳川高2年の男子生徒(17)は下校前に教諭から「一人で帰らないように」と注意されたという。

     冨田容疑者の自宅の近所に住む70代の男性は「過去に自分が切った植木が冨田容疑者の家の敷地に入ってしまい、怒られたことがある。とにかく怖い印象だった」と話した。一方、拳銃で撃たれて亡くなった同市神栖同社従業員田村寿一さん(49)の自宅近くに住む70代の男性は「田村さんは地区の班長を二つ返事で引き受けてくれる気持ちのいい人だった。まだ若くて、無念でしょう」と人柄をしのんだ。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。