スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    ハンセン病問題講演会

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000006-kantelev-l27

    長年、偏見差別に苦しんできたハンセン病関係者被害を回復するための講演会が大阪で開かれ、元患者の子どもたちが家族が受けた被害について語りました。

    講演会は「ハンセン病回復者の家族・遺族がこうむった人生被害を語る」と題して行われました。

    ハンセン病は「らい菌」が原因の感染症で後遺症が残ると外見で分かりやすく、国が長年続けた誤った隔離政策などから今でも偏見差別が強く残っています。

    またかつての消毒作業や官民一体で展開した患者のあぶり出し運動があまりにも強烈で差別は家族にも及んだため、今も多くの人が身内の病歴を隠したり関係を断ったりしています。

    両親や姉がハンセン病で隔離された男性は、「親がハンセン病だったことを恥と思い、誰にも語れなかった。病気のひとつなのに恥と思い込むのは何故か」と心の内を語りました。

    黄光男さん】
    「なんで自分を産んでくれた親をないがしろにするんだということなんですけど。親がハンセン病だということが分かれば自分たちに差別が及ぶからそれを食い止めるために関係をたってしまうという、こういう家族がたくさんいる」

    また元患者の父親と叔父を持つ女性は、「被害を回復するためには忘れるのではなく学校などで学ぶことが重要だと思う」と話しました。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。