スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    住吉市民病院の”医療空白” 大阪市議会で紛糾

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000005-kantelev-l27

    来年閉鎖される大阪市立病院の跡地に誘致される民間病院について市は誘致で見込まれる民間病院の赤字約12億円を補てんする支援策を示していましたが、市議会がこれに反発しました。

    【自民党・高野伸生市議会議員
    「資金だけ認めてくれというのはそれは違うでしょ。医療空白が生まれるというのは全く乱暴な議論だと思う」

    委員会で大阪市の吉村市長に飛んだ厳しい意見。
    それは橋下徹前市長が進めた「二重行政の解消」の一環で、統合した病院の問題です。

    【橋下徹前大阪市長】
    「これまでの大阪府・大阪市がそれぞれ別箇にやっていたことに比べれば、相当な整理になっています」

    大阪市立住吉市民病院。
    大阪市南部では、小児医療や周産期医療が不足していて、その大事な拠点となっています。
    しかし老朽化が進んでいたため来年の3月末で閉鎖し、府立急性期・総合医療センターと統合されることになりました。

    利用者
    「子供が生まれたのがここなので、風邪ひいたりとか病気したらすぐ連れてきます」
    利用者
    「こういう病院ってここしかないんで(閉鎖したら)不便になるし嫌です」

    大阪市は病院の閉鎖後も継続して医療を提供するため、民間病院である南港病院誘致
    来年4月に開業する予定でした。
    しかしー

    【記者リポート】「住吉市民病院の北側に新たな病院を建設する予定でしたが、建築基準法に違反していることがわかり計画の変更を余儀なくされました」

    当初の計画では、周辺住宅に対して法律で定められている日差しを確保できないことが判明し、病院の開業が2年先延ばしになったのです。

    大阪市は”医療空白”を生まないために、南港病院に市民病院の既存施設を活用して、小児科や産科などを暫定的に運営するように要請。
    その間に生じる赤字は4億8000万円の補助金と最大7億円を無利子で貸付け、補てんする支援策を明らかにしました。

    【公明党・明石直樹市議】
    「支援スキーム額の算定条件、積算根拠について市長は適切であると納得しているのかどうか」
    吉村洋文大阪市長
    「単なる想定上のシュミレーションによるものではなく会計の専門家による監査も想定した上で実行していくスキームなので一定の合理性はあると考えている」

    市民病院を統合することで生まれた”医療空白”の危機。
    市議会との協議は平行線をたどっています。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。