国有地取得の学校法人 府の審議会で経営状態懸念する声

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000074-mbsnews-l27

     大阪の学校法人が、今年4月開校予定の小学校用地に評価額9憶5000万円の土地を1億3000万円余りで取得していた問題、MBSの取材でこの小学校認可にあたり大阪府の審議会で法人の財政面を心配する声が複数の委員から上がっていたことがわかりました。

     「この小学校名誉校長とされているのが安倍昭恵先生ということで、右を見ると安倍内閣総理大臣夫人と書いてあります」(民進党 福島伸享衆院議員

     「うちの妻が名誉校長になっていることについては承知していますし」(安倍晋三首相

     安倍昭恵夫人が名誉校長を勤める小学校。運営する学校法人森友学園は評価額9億5600万円の豊中市の土地を国から7分の1以下で購入していました。

     「私や妻が認可や国有地の払い下げに、事務所を含めて一切関わっていない」(安倍晋三首相

     しかし、民進党の福島衆議院議員は17日の委員会で、学園は安倍総理の名前を使って寄付を募っていたと指摘しました。

     「ご寄附を賜りました方には、安倍晋三記念小学校の寄付者銘板にお名前を刻印し顕彰させていただきます。こうした名目でお金を集めているのを総理はご存じでしたか?」(福島伸享衆院議員

     「今話を聞いて初めて知った。その方から小学校を救いたいので安倍晋三小学校にしたいという話がございましたが、私はそこでお断りしている」(安倍晋三首相

     一方、この小学校の認可をめぐって、大阪府の審議会森友学園の経営状態を懸念する声が上がっていたことがわかりました。これはMBSが入手した議事録です。

     <一般的に小学校だけの学校に対して子どもを入れるのは非常にレアなケースかなと。自己資金の余裕というかな、そういう財務的なあれはどうなっていますか。>

     さらに審議会では1年生80人の募集に対し児童が集まるのかと、疑問の声が上がったといいます。

     「本当に80名が集まるのかどうかが(審議会で)議論になり、建物の建設費についても議論になりました」(大阪府教育庁 吉本馨私学課長)

     2014年12月、審議会の時点では土地は9億円程度と見込まれていました。そしてその1か月後、結局小学校の許可が出て工事が始まります。その後、地中に廃材や家庭ごみが見つかり、学園は去年、撤去費用8億円余りを引いた1億3400万円という安値で買い取ることができたのです。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント