ユズ皮の砂糖漬け「ゆずピール」商品化へ 立山町

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00071998-kitanihon-l16

     立山町東谷産ユズを使った商品開発に取り組む立山自然ふれあい館管理組合柏博雄組合長)は20日、同町四谷尾の同館で、ユズ皮の砂糖漬けゆずピール」の研修会を開いた。6次産業化プランナーの太地由美さん(名古屋市)から、地元の女性ら10人が加工方法や衛生管理の注意点を学んだ。来月から試験販売し、秋の収穫を経て来年春からの本格販売を目指す。

     東谷地区はユズ栽培の北限に近い。果汁が少ない一方、皮が厚く香りが強い特色があり、菓子の原材料に向いている。秋の収穫から観光が本格化する春まで実を保存することは難しく、長期間の保存が可能で年間を通じて生産できる土産品を模索してきた。

     昨年秋から太地さんを招いた研修会を重ね、「ゆずピール」に取り組むことになり、20日は仕上げと位置付けて開いた。糖度や加える果汁の量、煮る時間、乾燥時間を変えた3種類を試食し、商品化の軸となる1種類を選んだ。続けて加工実習があった。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント