スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    外国人の女流プロ棋士誕生!ポーランド出身25歳カロリーナさん

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00000071-spnannex-soci

     将棋女流プロ棋士を目指し、ポーランドから来日したカロリーナ・ステチェンスカ女流3級(25)が20日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた女流名人戦の予選準決勝に勝利した。勝ち星などの規定をクリアし女流2級へ昇格、将棋界史上初となる外国人プロ棋士が誕生した。

     準決勝を振り返り「(勝ちが見えた)終盤は頭が真っ白。人生の目標だったプロになれてうれしい」と笑顔。来日した2013年当時の苦労を「言葉も分からず一人暮らしも初めてで、どうなるのかと落ち込むこともあった。多くの人が助けてくれた」と振り返った。

     将棋を始めたきっかけは、日本の人気忍者漫画でポーランド語に翻訳された「NARUTO―ナルト―」(作岸本斉史氏)。「16歳のとき、奈良シカマルという登場人物が将棋をしていたのを読んで興味を持った。チェスと違い、相手の駒を取ると自分の駒にできるのはなぜかと不思議に思った。駒が“成る”ことも含め、日本文化に通じる精神」と引き込まれた。日本のポップカルチャー好きで「“君の名は。”もRADWIMPSも好きです」と流ちょうな日本語で話した。

     将棋の腕は、日本将棋連盟が後援するインターネット将棋対戦サイト「81Dojo」などで磨いた。同サイトを担当する北尾まどか女流二段(37)から来日を勧められたといい「北尾先生がいなければ、私はここにいない」と感謝した。

     13年に女流プロ養成機関「研修会」の試験に合格。山梨学院大に入学、甲府市で暮らし始めた。15年には規定の成績を挙げて女流プロ棋士の仮資格、女流3級に昇級。女流プロ公式戦への出場資格を得ていた。現在、同大大学院に在学中。今後の目標を聞かれ「将棋を世界に広めたい。だから強くなりたい。まずは女流初段になりたい」と言葉に力を込めた。

     ◆カロリーナ・ステチェンスカ 1991年6月17日生まれの25歳。ポーランド・ワルシャワ出身。片上大輔六段門下。13年6月に研修会入会、15年10月に女流3級に。得意戦法は中飛車。趣味はパソコン、マンガ、音楽。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。