スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    耐震工事終え本会議場公開 県議会議事堂 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00072096-kitanihon-l16

    県産材ふんだんに

     耐震化工事が進められている県議会議事堂で本会議場と1、2階部分が完成し21日、県議らに公開された。議場や玄関ホールの壁に県産材をふんだんに使い、いすの幅を広くするなどより快適に傍聴できるようにした。27日開会の2月定例会から使う。

     議場は正面の壁の装飾に県産のスギや朝日町に伝わる蛭谷(びるだん)和紙を挟んだガラスを使用。議場内と傍聴席のいすや、議員名を印字した氏名標にも県産材を使った。

     傍聴席は、これまで45センチだった座席幅を50センチに広げ、工事前より21席少ない149席(車いす用8席含む)とした。発言台は、高さを79センチから99センチまで自動で上下することができ、車いす利用者や子どもも話しやすいよう配慮した。照明を明るくし、音響設備も更新した。

     大野久芳議長は、工事期間中に政務活動費不正問題が発覚したことを踏まえ「県民に心配や迷惑を掛けた中での耐震工事だった。心機一転、一人でも多くの方に議場に足を運んでもらえるよう明るく、親しみの持てる議会としたい」と述べた。

     議事堂は鉄骨鉄筋コンクリート地上4階、地下1階建て延べ6030平方メートルで1971年に完成。耐震性が不足し老朽化も進んでいたことから、昨年3月から改修を行っている。3、4階部分の工事は7月末で完了する。工事費は18億8497万円。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。