スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    「金閣寺」初版本を展示 25日から富山で企画展 三島直筆の色紙も

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00072333-kitanihon-l16

     作家、三島由紀夫の代表作にスポットを当てた企画展「『金閣寺』の成立をめぐって」が25日、富山市向新庄町の「隠し文学館 花ざかりの森」(杉田欣次館長)で始まる。内覧会が24日開かれ、招待された文学ファンらが、三島直筆の色紙や初版本の数々に見入った。

     2008年の開館以来、毎年三島をテーマに企画展を開催。今回は10周年記念として「金閣寺」を取り上げ、日本近代文学史上に残る傑作が生まれた背景に迫った。

     資料31点を展示した。初公開の直筆色紙「虚實皮膜(きょじつひまく)の間(かん)」は、江戸中期の浄瑠璃作者、近松門左衛門が唱えた芸術論を指す言葉。「事実と虚構との微妙な境界に芸術の真実がある」という意味で、「金閣寺」などのモデル小説を書く上で思想的なよりどころとなった。「金閣寺」の初版本や翻訳本、映画の脚本も並ぶ。招待客の和田恵子さん(80)=同市新横内町=は「三島の新たな一面を知ることができる内容だった」と話した。

     3月20日まで。問い合わせは同館、電話076(413)6636。北日本新聞社共催
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。