スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    かまくら祭り復活 地滑り被害の利賀・上百瀬地区

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00072309-kitanihon-l16

     地滑り住民生活に大きな影響が出た南砺市利賀村上百瀬地区の有志が23日夜、地区を元気づけようと、かつて行われていた地元行事「かまくら祭り」を28年ぶりに復活させた。約40人が集まり、かまくらの中で温かな料理を味わいながら親睦を深めた。

     上百瀬地区では、旧利賀スキー場で1月に大規模な地滑りが発生。集落の内外を結ぶ県道が一時土砂で埋まり、子どもたちが学校に通えなくなった。2月に予定されていた名物行事のそば祭りは中止に追い込まれ、住民は年に1度の楽しみと、物販や宿泊受け入れによる収入源を失った。

     暗い雰囲気を吹き飛ばそうと、若手を中心とする上百瀬獅子方若連中南田哲幸若頭)が奮起。地元の利賀小学校分校が廃止された1989年を最後に途絶え、以前から復活を願っていたかまくら祭りの開催を区長らに提案し、賛同を得て実現させた。

     お年寄りや地元建設会社の協力で、旧分校グラウンドに底面の直径10メートルと5メートルのかまくらを一つずつ造った。ろうそくをともして温かなムードを演出。住民はクマの肉を使った鍋料理やおでん、ぜんざいなどを味わい、和気あいあいと交流した。

     南田若頭は「多くの人の笑顔が見られて本当に良かった。住み続けたいと感じてもらえる地区づくりにもつながればうれしい」と話していた。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。