スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    来月日米共同訓練 最大限の安全対策を要請 オスプレイ参加受け副知事ら 新潟

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00000019-san-l15

     3月上旬に上越、妙高両市にある関山演習場などで予定されている米海兵隊との日米共同訓練に、米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ6機が参加すると陸上自衛隊が23日発表したことを受け、地元の両市長は安全対策の徹底を求めるコメントを発表した。また防衛省北関東防衛局の池田剛企画部長が県庁を同日訪れ、訓練の概要を説明。高井盛雄副知事は「万全の対応をとってもらいたい」と要請した。

     訓練は同演習場と群馬県の相馬原演習場などで3月6~17日の12日間にわたって実施され、陸上自衛隊約300人と沖縄に駐留する米海兵隊約450人が参加する。陸自によると、オスプレイを使った訓練は3月9、10日に相馬原演習場、13~15日に関山演習場で行い、1日当たり2、3機をローテーションで運用するという。訓練期間の前後には米軍横田基地(東京)にも立ち寄る。

     期間中には射撃訓練のほか、日米の部隊がそれぞれの指揮系統の下で協力して隊員を作戦地域に空輸する訓練「ヘリボン」も行われる。昨年12月に沖縄県名護市沖に不時着した原因となったオスプレイの空中給油訓練は予定されていない。

     ほぼ非公開で約35分間行われた高井副知事への説明で、池田氏は「沖縄の負担軽減につながる」としてオスプレイが参加する意義を強調し、理解を求めた。また「地元住民の安心、安全を最優先に考え、県や地元にしっかり情報を提供していく」と話した。

     北関東防衛局は同日、上越市妙高市に対しても同様の説明を行った。上越市の村山秀幸市長は「訓練全体の安全確保と適切な情報提供に特段の配慮を求める」とのコメントを発表。妙高市入村明市長は「関山演習場の周辺には住宅地やスキー場などの観光施設があり、最大限の安全対策を求めていく」とした。

     オスプレイをめぐって日米両政府は昨年9月、沖縄県外での訓練を拡大することで合意。今回の訓練への投入もこれに基づくもので、オスプレイの参加機数は国内の日米訓練では過去最多となる。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。