「寝台特急カシオペア」見納め 使用車両が北海道ラストラン

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010000-doshin-hok

     JRの豪華寝台特急カシオペア」に使われていた車両が26日、道内での最終運行となった。鉄道ファンらに見送られてJR札幌駅を出発し、上野駅に向かった。

    豪華寝台カシオペア車両の臨時列車が2月26日北海道ラストラン

     カシオペアは昨年3月、北海道新幹線開業に伴い廃止された。同年6月からは、道内の温泉地や観光名所を巡る旅行会社のツアー専用列車として、JR東日本が期間限定で運行してきた。

     午後4時35分ごろ、機関車にけん引されたカシオペア車両がホームに到着した。初めて乗車する東京都板橋区会社員石井久敬ひさよし)さん(58)は元国鉄職員で、分割民営化を機に退職した。「カシオペアはJRの豪華列車の象徴で、民営化30年の節目に乗れるのは感慨深い。寝台でのんびりしたい」と話した。

     列車は午後4時50分ごろ、札幌駅をゆっくりと離れた。27日以降は、JR東日本のエリア内で運行が続けられる。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント