スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    樹齢100年以上 激レア地場産ミズナラ樽で熟成 北海道・厚岸ウイスキー 海外出荷目指す

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00010000-doshin-hok

     北海道釧路管内厚岸町産のミズナラで樽(たる)をつくり、昨年11月から生産されている町産ウイスキーの熟成に使う試みが始まった。希少なミズナラの樽で熟成させたウイスキーは国際的に評価が高く、道が堅展(けんてん)実業厚岸蒸溜(じょうりゅう)所からの依頼で、樽材に適した木を探していた。町産ミズナラの樽は早ければ今年秋から使用され、同社が手がける「厚岸ウイスキー」の最高級品として世界への出荷を目指す。

    【動画】アザラシと添い寝でパチリ 北海道・紋別

    英国スコットランド製の蒸留器「ポットスチル」で蒸留した原酒を味わう堅展実業厚岸蒸溜所の職員=2016年11月11日、厚岸蒸溜所

    お香のような風味

     釧路総合振興局森林室(厚岸)が、町内の道有林約8千ヘクタールの中で自生し今後大きな成長の見込めない老齢木4本を選んだ。いずれも高さ17メートル以上、太さは直径60センチ以上、樹齢は推定150~200年で「樽材に適した正目で節のない木」(同室)という。4本の木は今月20~23日に伐採され、厚岸木材工業協同組合を通じて堅展実業に販売。宮崎県の工場に運び、5個程度の樽に加工される。

     ミズナラは北海道を代表する広葉樹。ミズナラの樽でウイスキーを長期間熟成すると、お香のような独特の風味が出るため、国内メーカーだけでなく本場の英国・スコットランド産のウイスキーでも使われている。

    樹齢100年以上、入手困難

     樽に加工できるミズナラ樹齢100年以上とされ、国内での樽生産は年数十個程度しかなく、入手が難しい。同室や厚岸町が今後の安定供給も視野に、町内でミズナラの老齢木を探していた。同室の岩田聡室長(53)は「成熟したミズナラの有効利用ができ、道東唯一のウイスキーを生かした地域の活性化にもつながる」と支援の理由を語る。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。