新海誠監督の愛娘・新津ちせ、お父さんの『3月のライオン』感想は「かわいかった」

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00010008-abema-movi

     3月1日、映画「3月のライオン」のひなまつりイベントが東京都内で行われ、倉科カナ清原果耶新津ちせが登壇した。

     幼い頃に家族を亡くし、孤独を抱えるプロ棋士・桐山零が、倉科ら演じる3姉妹との交流やライバル棋士たちとの対局を通じて成長していく青春ドラマ。

     倉科はイベントで「3人でお泊まり会をさせていただいて、ももが『カレー食べたい』っていうからカレー作って、そのあと私が作っている間ひなが手伝ってくれたりとか、一緒にお風呂入ったりとかね」と劇中の登場人物の名前を出しながら思い出を語った。

     また、また新津の実父は映画「君の名は。」の監督で知られる新海誠で、MCから「お父さんはなんて言っていた?」と聞かれた新津は「やっぱり聞かれたー!聞かないでって言ったのに!」と恥ずかしそうにして、「(新津扮する)モモちゃんはかわいかったって」と明かした。(AbemaTV/「原宿アベニュー」より)
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント