アトピー新治療薬、かゆみ抑える効果を確認 京大など

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000011-asahi-sci

     日本で開発されたアトピー性皮膚炎の新しい治療薬について、かゆみを抑える効果が、日米欧での臨床試験(治験)で確認された。京都大の椛島健治教授(皮膚科学)らの国際研究グループが2日、米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに発表した。

     新しい薬は中外製薬が開発した「ネモリズマブ」で、かゆみにかかわる生理活性物質「インターロイキン31」の働きを妨げる。日米欧5カ国の7医療機関で、中程度から重度のアトピー性皮膚炎の約140人に月1回注射し、3カ月後にかゆみや皮膚の状態などを調べた。

     その結果、患者の6割でかゆみの程度が注射前と比べ、50%以上改善していた。注射の1週間後、寝付くまでの時間が20分短縮され、3週間後には安眠している時間が薬を使わない患者と比べて40~50分以上長くなっていた。かゆみが減り熟睡につながったとみられる。重い副作用は確認されなかったという。

     椛島教授は「アトピー性皮膚炎の治療は10年以上進歩がなく、かゆみを抑える薬もなかった。2~3年後には患者の手に届くようにしたい」と話している。(西川迅)
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント