不動産による資産形成術! 初心者のためのポイントを解説

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000028-zuuonline-bus_all

    資産形成には、さまざまな方法があります。なかでも不動産投資に興味を持っている方もいるのではないでしょうか。初心者にはハードルが高そうな不動産投資ですが、手順を踏むことによって比較的容易に挑戦することもできます。そこで、今回は不動産投資をするうえで押さえておきたいポイントについて解説します。

    資産形成のステップ

    資産形成のためには、いきなり不動産物件を購入するのではなく、まず自分が保有している総資産がどれくらいあるのかを把握しておきましょう。

    自分の資産のほとんどを不動産に投資してしまうと、急にまとまった現金が必要となった場合に用意が出来ないことも考えられます。総資産を確認した後、生活に必要な額は必ず手元に残して、余裕資金で投資を始めるようにしましょう。

    とはいえ、不動産投資にはある程度まとまった資金が必要です。借り入れ(ローン)を利用して始める場合でも、自己資金があれば借入額を抑えることができます。

    ■最初に購入する物件の選び方

    不動産投資では、購入する物件選びが肝心です。どのような物件をいくらで購入したかによって、その後の成果が変わってきます。

    まず大切なのは、エリアや周辺環境です。人口や地域の特性などを考慮しながら、賃貸需要があるエリアを選択し、利回りの高い物件を探すことがカギとなります。また、ターゲットとなる顧客層を意識することも重要です。学生や独身の人から多く需要があるワンルームの場合は駅に近いことがメリットになる一方、ファミリー向けの物件は学校や図書館が近いことも魅力になると考えられます。

    設備やメンテナンス状況の把握も成功要因のひとつです。セキュリティ面を重視する借り手もいるため、オートロックや防犯カメラがついているかどうかもチェックしておきましょう。

    マンションや一戸建ては、過去の大規模修繕の履歴やかかった費用、今後修繕が必要になりそうな所もリスクとして認識が必要です。どうしても自分ひとりではいい物件を探せそうにない場合は、セミナーで話を聞いたり、プロにアドバイスをもらったりすることも検討しましょう。

    資産形成で不動産を選んだ際の注意点

    不動産投資は、家賃収入や売却益を期待できるだけでなく、地価がゼロになる可能性も低いので、株式投資などに比べてリスクの低い「ミドルリスク・ミドルリターン」の投資と位置づけられています。しかし、やみくもに投資をすると大きな損害を被る場合があるため、不動産投資のデメリットも知っておく必要があります。

    不動産投資の大きなデメリットは、需要の減少による利回りと売却益の低下です。購入した物件に借り手がつかない場合は空室となり、予定していた家賃収入を得られなくなる可能性があります。

    また、建物は経年劣化していきます。劣化した建物は借り手が減って資産価値が徐々に下がっていき、購入金額を大幅に下回ることも考えられます。また、不動産投資のために借り入れをした場合は、途中で金利が上昇するリスクもあるので注意しておきましょう。

    不動産は他の金融商品と比べて、売却したいと思ってもすぐに売れるかどうかが分からず、流動性の低い投資方法といえます。急に現金が必要になったときでも、すぐには現金化できないため、貯蓄など流動性の高い金融商品と合わせて持つことをおすすめします。

    ■どのように資産形成していくか

    不動産投資は、家賃収入という安定した収入や大きな売却益が入ってくる一方で、空室や流動性のリスクを抱えています。物件を購入したら終わりと考えるのではなく、アフターケアを徹底する必要があります。

    リスクを軽減するためには、不動産投資のみで資産形成を目指すのではなく、他の金融商品と組み合わせながら行うのがいいでしょう。元本保証がある代わりに利息が低い「ローリスク・ローリターン」の預貯金、景気や業績などで変動する「ハイリスク・ハイリターン」の株式投資なども検討してみてください。初心者は「リスクがある」と言われるとためらってしまうかもしれませんが、特徴の異なる金融商品を複数組み合わせることで、そのリスクを最小限に抑えながらバランスのいいリターンを得ることができるのです。

    ■メリットとデメリットを把握してから不動産投資を!

    不動産投資で資産形成を行う場合は、その特徴とメリットやデメリットをしっかり理解したうえで始めてみてください。他の金融商品と組み合わせながら、急に現金が必要になったときの対処も忘れないようにしましょう。(提供:プライベートFPオンライン)
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント