スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    アパート投資と戸建て投資を徹底比較、あなたに向いているのは?

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000024-zuuonline-bus_all

    不動産投資の中でも、アパートに投資をするか、戸建てに投資をするかで迷う人は多いのではないでしょうか。どちらもメリット・デメリットがあり、その考え方によって物件を選ぶことになります。そこで今回は、アパート投資と戸建て投資の特徴を解説し、それぞれの投資に向いている人のタイプについてご紹介します。

    アパート賃貸経営の特徴

    アパート経営とは、アパートを丸ごと一棟購入し入居者からの賃料を得ることを指します。アパートはシングルおよびDINKs(子供のいない共働きの夫婦)などが借り手となることが予想されます。シングルやDINKsはそもそも絶対数が多いですし、学生から社会人、また高齢者まで幅広い需要がアパートにはあるといえるでしょう。

    またアパートは、複数の部屋を賃貸経営することにより、賃料による収入が途切れるリスクを低減することも可能です。ローンの返済が終わった後には土地・建物といった不動産が実物資産として残り、賃料による収入をそのまま収益にできるというメリットもあります。

    費用面でいえば、アパートを一棟購入する場合には戸建てと比べてイニシャルコストがどうしても高くなってしまうため、手持ちの資金を把握した上でローン計画を練ることが大切です。

    戸建て賃貸経営の特徴

    アパートの場合には気軽に引っ越しできるのが入居者にとっての魅力ですが、戸建てに住もうと考える人の場合は落ち着いてその土地に居を構えたい気持ちが強くなると予想されます。そのため、戸建ての賃貸は「いつかはマイホームをと思っているが、今はまだ賃貸で十分」と考えている人に需要がある賃貸物件です。

    戸建て賃貸経営ならではのメリットとして、築年数が経っても需要があることが挙げられます。アパートやマンションの場合には新しくて快適な設備のある物件が人気になりますが、戸建てに住みたいと考える人は「新しさ・きれいさ」よりも「広さ」「安さ」を求めます。そのため大規模なリフォームをしなくても、適切な賃料設定にすることで入居者を維持できる可能性があります。

    メリットとしては、一戸建てであるだけに入居者が見つからない場合や退去してしまった場合には賃料収益がゼロになってしまうことが挙げられます。空室リスクはアパートより高いため、購入時に物件をしっかり見定める必要があります。

    ■それぞれのメリット・デメリットを踏まえて比較しよう

    アパートと戸建て、それぞれに投資する特徴をこれまで見てきました。前述した双方の大きな違いを簡単にまとめると以下になります。

    1.アパート投資
    ・イニシャルコストが高い
    ・需要も供給も多く、回転が速い
    ・複数部屋を経営することで空室リスクを軽減できる

    2.戸建て投資
    ・イニシャルコストが低い
    ・需要に比べて供給が少ない
    ・長期間の入居が期待できるが、空室になると収入がゼロになる

    どちらを選ぶにしても、両方のメリット・デメリットを把握した上で比較検討する必要があります。

    ■それぞれの経営スタイルが合う人の条件

    それぞれの特徴を踏まえた上で、経営スタイルごとに「合う」投資物件を考えてみましょう。

    まず、アパート経営は複数部屋で効率良く不動産投資をしたい方におすすめです。ただ、戸建てに比べて最初にある程度のコストが必要になるため、資金がある方か、サラリーマンのような融資を受けられやすい方に向いています。また木造の中古アパートのように、耐用年数が短く減価償却が早い物件の場合には、短期間で償却メリットを受けることができるため、投資を大きくするというより早めに利益を得たいと考える人に合った投資といえます。

    一方、戸建ての賃貸経営に向いている人は、土地を所有している人です。元から持っている土地で戸建て投資をすることで、利回りを大きくすることが可能となります。戸建ての場合にはどうしても空室リスクが伴いますが、投資用に土地も建物も取得してイニシャルコストが高くなると、リスクがさらに高まってしまいます。土地を持っているが変形地のためアパートにするとデッドスペースが多くなってしまう場合などには、戸建てが向いているといえるでしょう。

    ■資産や投資計画を踏まえて物件を選ぶ

    不動産投資をする際、まず大切なのは物件選びです。アパートにも戸建てにもメリット・デメリットの両方がありますが、どちらが自分に向いているのかを比較したうえで検討するようにしましょう。また当然ですが、アパートでも戸建てでも、立地や周りの環境、人口などによって物件価格・賃料の相場は大きく異なります。幅広い視点から物件を選ぶようにすることが賢明でしょう。(提供:アパート経営情報)
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。