スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    良い記事は、書き手の個性が作る。 はてながオウンドメディアの記事作りで心がけている3つのこと

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000001-webtan-sci

    “>>>
    ライターさんに依頼しても、どれも似たような記事になってしまう」

    「個性的な記事ってどうやって作ればいいの?」
    <<<”

    オウンドメディアで、このような悩みに直面したことはありませんか?

    はてなでは、企業のコンテンツ発信を支援するコンテンツマーケティングサービスを提供しており、クライアントが運営するオウンドメディア書き手の個性を生かした記事を制作しています。

    たとえば楽天さんの「それどこ」の記事や、リクルート住まいカンパニーさんの「SUUMOタウン」の一部の記事は、はてなブロガーさんやライターさんにお願いして制作・編集したものです。ブロガーさんやライターさんと一緒に記事の制作を進めていく編集者と、クライアントへの提案や確認を行うビジネスディレクターの二人三脚でオウンドメディアコンテンツ制作に取り組んでいます。

    本記事では、書き手の個性を生かした記事を作るために、はてなではどのようなことを心がけているか、ビジネスディレクターである私から実際の事例を踏まえて解説します。

    書き手の個性を生かした記事を作るポイント

    ・記事制作前に必ず打ち合わせをする
    ・編集者の役割としての手間を惜しまない
    ・公開時にも書き手の力を生かす

     

    完璧な書き手なんていない。個性を生かせるかは発注者次第

    オウンドメディアに記事を執筆してもらう書き手をアテンドする際に、優先すべきは「書けることがある人=コンテンツを持っている人」かどうかです。

    文章の上手い下手は、必ずしもいい書き手の条件ではありません。

    書き手に読み応えのある記事を書いてもらうために、発注者であるわれわれは何をすべきでしょうか?それは「書き手が持っている面白いコンテンツを実際に記事に落とし込む」といったアウトプットのお手伝いです。

    そのために、オウンドメディアへの寄稿をお願いする際、はてなでは書き手1人1人に対して担当編集がつき、執筆前の打ち合わせから記事完成までをフォローしています。

    “>>>
    記事を書いてください!それも最初から完璧に!!
    <<<”

    上記のような丸投げのオーダーではいい記事はできません。

    誰にどんな内容を書いてもらい、成果物をどのようにブラッシュアップするか。それらを考えるのは発注者のあなたが行うべきことです。

    アウトプットのお手伝いのために、はてなでは以下のことを行っています。

     
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。