スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    高岡銅器の技ベンチに 

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00074316-kitanihon-l16

     ■あいの風鉄道 高岡駅 富山大の木下さんデザイン

     富山大芸術文化学部デザイン情報コースの3年生、木下佑紀乃さん(21)のデザインを生かしたベンチ6脚が、あいの風とやま鉄道高岡駅の改札口前に設置されている。銅・真ちゅう製パネルを貼っており、観光客をもてなすとともに、高岡の伝統技術を知ってもらう狙いだ。

     武山良三芸術文化学部長(60)の授業「サインデザイン演習」で、高岡市内で観光客を歓迎するアイデアや看板などのデザインを学生25人がそれぞれ発案し発表。講評を行った市は、実現できるものとして木下さんの案を選び、同大との連携事業として、市内メーカーに発注して設置した。

     元々同所に置かれていたベンチを活用。側面に貼られていた市内観光名所の写真に代わり、高岡銅器の伝統的な技法で深みのある青やピンク、茶色に着色した金属パネルを貼った。木下さんは「観光客に銅の色の美しさに驚いてもらい、技術力の高さに興味を持ってほしい」と期待する。

     改札口前からは好天の日に立山連峰を見ることができる。木下さんは「景色を引き立てながら高岡をアピールしたい」と言う。武山学部長は「高岡を歴史文化都市としてPRするため、質の高いもてなしを考える一つのきっかけにしてほしい」と話している。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。