スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・Airish、「僕たちはいい意味で“V系”っぽくない」

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000059-bark-musi

    メンバー編成を経て、2016年に新たなスタートを切った“歌モノ”ヴィジュアル系バンド、Airishが自分たちの魅力と今後の展望について語った。

    Airish画像

    ※本インタビューは2月13日(月)に開催されたライブイベント<千歌繚乱vol.10>で配布された「千歌繚乱ARTISTBOOK」掲載のインタビューを再編集したもの。「千歌繚乱ARTISTBOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

    ◆ ◆ ◆

    ■自分たちの魅力は「歌」
    ■いい意味で“V系っぽくない”

    ──まず簡単に「Airish」がどんなバンドなのかを教えてください。

    和(Gt):いわゆる“歌モノ”と呼ばれる楽曲をメインにしたバンドす。

    ──昨年末にリリースされた最新シングル「澪-mio-」も確かに綺麗なメロディで聴かせるタイプの曲ですね。

    レン(Vo):基本的に僕たちの楽曲はこういった綺麗めなものが多いです。でもライブだからこそ映えるような曲もありますし、今後はもっと激しい曲なんかにもチャレンジしていきたいと思っています。

    ──自分たちにしかない魅力、と聞かれたら何を挙げますか?

    レン:やっぱり、歌ですね。メロディがメジャー志向なので、日本人の耳に残りやすいと思います。

    Tomoki(Dr):みんな違うジャンルの音楽が好きなメンバーが集まっているので、それがしっかり楽曲に生かされてる気がします。

    Haiji.(Ba):つまり俺らはいい意味で“V系っぽくない”。だからもともとV系に興味なかった人でもすんなり曲を聴けると思うし、万人受けするバンドですね。

    ──ではライブもいわゆるV系のステージとは違った雰囲気なんですか?

    レンライブはかなり構成にこだわっていますね。ただ暴れるとか叫ぶとか、そういったライブではありません。

    和:具体的に言うと、ライブの序盤から最後にかけて徐々に壮大になるようにセットリストを組むか、序盤でしっかり盛り上げてだんだん落ち着いた雰囲気に仕上げるか。いつも流れをしっかり考えてます。

    Haiji.:珍しいかもしれませんが、対バンイベントの25分ステージでもバラードをやることがあります。

    ■ShibuyaO-WESTでワンマンライブをやりたい
    ■段階を踏んで着実に進んでいきたい

    ──「澪-mio-」もですし、やはりバラードがバンドのイチ押しなんですか?

    レン:もともとアップテンポの曲が得意じゃないんですよ(笑)。でも周りに激しい曲調の似たようなバンドが多い中、僕たちは何を力にできるのかなって考えたときに、こういった曲で勝負したいなって強く思ったんです。それを最高に表現できたのがこの「澪-mio-」という曲なんです。

    ──それはぜひいろんな人に聴いて欲しいですね。

    レン:僕、椅子にすわって歌詞を書くことができないんですよね。いつも懐かしい街とかへ行って歩きながらイメージを膨らませてて。「澪-mio-」は横浜を舞台にした曲なんで、ちゃんと夜の横浜に行って気持ちを込めて書きました。だから歌詞にもきっと共感してもらえるんじゃないかな。

    ──今後の目標についても教えてください。

    Haiji.:ShibuyaO-WESTでワンマンライブをやりたいです! 俺、これがV系の一個目のバンドなんですけどバンドを始めるときに絶対叶えたい目標を立てたんです。そのうちのまだ叶えられていない目標が、ShibuyaO-WESTでのワンマンなんです。中学生のころからずっと夢見ているステージです。

    Tomoki:TSUTAYAO-WESTもそうだけど、大きい会場でワンマンできるようになってそこに支えてくれた人たちを呼びたいです。それが俺たちの恩返しかなって。

    和:そうだね。それに向けてきちんと段階を踏んで着実に進んでいきたいね。

    レン:2016年にHaiji.とTomokiが加入してくれて、今メンバーの気持ちがひとつになっているなって感じます。だからあとはもう前に向かって進んでいくだけ。何はともあれ2017年はAirishの名前を広げていきたいと思っています。Airish一丸となって全身全霊進んでいきたいと思ってるんで、みなさんよろしくお願いします。

    「澪-mio-」
    ■初回盤(CD+DVD)ARXA-005
    ¥1852(税抜)
    [CD]
    1.澪-mio-
    2.僕のソナタ
    [MusicClip]
    1.澪-mio-

    ■通常盤(CDonly)ARCA-007
    ¥1389(税抜)
    [CDonly]
    1.澪-mio-
    2.僕のソナタ
    3.絶鳴要塞

    Airish主催『Dynamiteparty』~Tomoki生誕祭~>
    2017年3月21日(火)EDGEIKEBUKURO
    Cast:Airish/BabyKingdom/アイリオン/クロノ×クラウン/etc…
    OPEN17:00/START17:30
    ADV¥3,500/DAY¥4,000(税込み、ドリンク別)

    千歌繚乱とは、BARKSによる「V系バンド応援プロジェクト」。未来の大物ヴィジュアル系バンドを発掘するため、ライブイベント、バンドの紹介などを行なっています。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。