スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    富山・ソウル便 4か月ぶり運航再開/富山

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010005-tuliptv-l16

     富山ソウル便が4か月ぶりに運航を再開しました。

     去年秋にアシアナ航空子会社格安航空会社運航を引き継いだ赤字路線ですが、この春からは観光客に人気が高い立山黒部アルペンルートの開通に合わせ、本格的な集客拡大を狙います。

     富山ソウル便は1993年からアシアナ航空運航していましたが近年は赤字が続いていたため、去年秋にアシアナ航空子会社格安航空会社・LCCのエアソウル運航を引き継ぎました。
     運賃はアシアナ航空に比べておよそ2割安くなり、去年は10月31日から11月26日まで月・水・土曜の週3往復が運航
     利用率が低い冬の間は運休する季節運航で、今回は4か月ぶりの運航再開となります。
     エアソウル富山支店によりますと運航再開に合わせた富山発の記念ツアーの売れ行きが好調で、27日から3週間だけで700人が集まっているということです。
     富山ソウル便の搭乗率は去年10月と11月が47・2パーセントと、運航を引き継ぐ前のシーズンにアシアナ航空が記録した67・7パーセントより低くなっています。
     ただ、エアソウルになって1便あたりの座席数が25席増えたことや、11月は県内が観光シーズンの閑散期に当たることもあり、エアソウルは韓国の観光客にも人気がある立山黒部アルペンルートの開通に合わせ、4月中旬から下旬の5日間に1日1往復の臨時便を運航し、本格的な集客拡大を図る考えです。
     また、県の総合交通政策室は富山ソウル便について「韓国での観光説明会などを開催して利用者を増やし、通年運航に向けた実績を積んでいきたい」としています。
     富山・ソウル便は11月末まで運航します。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。