スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    男の子の健やかな成長願い 和紙のこいのぼり作り最盛期/富山

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00010002-tuliptv-l16

     5月5日の端午の節句を前に、富山市八尾町で、特産の和紙を使ったこいのぼり作りが最盛期を迎えています。
     富山市八尾町桂樹舎では、30年以上前から和紙の『こいのぼり』を制作しています。

     こちらでは、江戸時代から伝わる「型染め」の技法で染めていて、工房では、3人の職人がこいのぼりの目やうろこなどの色つけ作業を行っていました。
     こいのぼりは、長さ90センチ近いものから、卓上に飾るコンパクトなものまで大きさの異なる7種類があり、たくましく元気に泳ぐコイをイメージさせる生き生きとした色使いが特徴です。
     和紙こいのぼりは全国でも珍しく、和紙ならではの柔らかな風合いは国内外から人気があるということです。
     和紙こいのぼりづくりは、来月いっぱいまで行われおよそ2000枚を制作する予定です。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。