「トルコのピコ太郎」「塩もこみち」 肉に高所から塩をファサーするトルコのシェフが世界中でブレーク中

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000094-it_nlab-sci

     現在、トルコのステーキレストラン「Nusr-Et」のオーナー兼シェフであるヌスラト・ガネーシュさん(NusretGökçe/発音はヌスレット・ギョクチェとも)が話題になっています。TwitterやInstagramでステーキの調理動画を多数公開しているのですが、塩を高いところからファサーっと掛けるポーズが人気。

    【画像】ファサーされにきたレオナルド・ディカプリオ

     同氏の料理動画は非常に個性的で、やたら色っぽい動きとスタイリッシュな包丁裁きで肉を切るシーンもいろいろと常人にはまね出来ない動きをしています。一見ふざけているかのような動きですが、切った後の肉を見ると実はかなり丁寧な仕事をしているもよう。

     そして肉が切れたら塩を一つまみし、耳の横辺りから肉に向けてファサー……。肘に塩が掛かりまくっていますが、これがヌスラト流のようです。

     普通ステーキの調理動画は“焼き”のシーンがメインになりますが、氏においては塩を振るシーンこそがメインコンテンツ。高いところから調味料といえば日本では速水もこみちさんのオリーブオイルですが、トルコではヌスラトさんの塩のようです。

     この調理動画は米国の人気歌手ブルーノ・マーズさんがRTしたことをきっかけに、Twitterでは7万リツイート以上、Instagramでは1300万再生以上を記録。動画が世界中に拡散されると、レオナルド・ディカプリオさんなど世界的有名人が店を訪れたり、プロサッカー選手がゴール後のパフォーマンスに塩を振るポーズをしたりと大変な人気となっています。その人気ぶりから、「SaltBae」(ソルトベイ/Baeはbabyなどを意味するスラング)という二つ名がついているほど。

     この塩ファサー動画が投稿され人気になったのは1月でしたが、海外で人気になっていたものが最近になり日本にも上陸。さまざまなコラ画像や、パロディーイラストがネット上に投稿されています。ジョニー・デップに似た氏の姿も人気の理由の1つとなっているようです。

     有名アーティストのリツイートから拡散されたいきさつが似ていることから、“トルコのピコ太郎”とも呼ばれる同氏。日本からお店を訪れるのは大変ですが、一度生で塩ファサーを見てみたいものですね。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント