スポンサーサイト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    鏝絵技術で現代アート 小杉のイタリア食堂

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00074641-kitanihon-l16

     射水市戸破(小杉)のイタリア食堂「ユニコネルモンド」の塀に29日、富山市八尾町桐谷の現代美術家、古川歩さん(47)が制作した鏝絵(こてえ)が設置された。制作を依頼した同店森永醸治さん(59)は「小杉地域は鏝絵を生かしたまちづくりに取り組んでおり、その一助になればうれしい」と話している。

     作品は高さ1・3メートル、幅3・2メートルで「営み」と名付けられた。中央部を川が蛇行し、ほとりに家並みを思わせる立方体が並ぶ。古川さんは、小杉地域を流れる下条川と旧北陸道の古い町並みをイメージし「川と共にできてきた集落の営みを鏝絵の伝統技法でモダンアートにした」と話す。昨年12月から制作を始め、元の泥戸の表面を崩して鏝絵作品に仕上げた。ひさしが付いた塀に取り付け、柱と土台は新調した。

     同店は明治期に建てられた土蔵を活用して2012年にオープン。古川さんの作品は一昨年にも映画「ローマの休日」に登場する「真実の口」をモチーフにした鏝絵同店壁面に設置されている。

     今回は、森永さんが県新世紀産業機構とやま中小企業チャレンジファンド事業ビジター対応ビジネス支援事業に応募、採択されて取り組んだ。
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
    にほんブログ村


    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。